岡山の桃造りの1年

* 園の紹介  * 生産者プロフィール * 商品の紹介 * 桃のお値段とご注文 * 桃のお菓子
* 特定商取引に基づく表示・個人情報の保護  * ニュース:つぶやき * TOPへ戻る

桃の実 
 美味しそうな桃でしょ!

 この美味しそうな
岡山の桃はどのようにして出来るのでしょうか?

 
桃造りの世界を ちょっとだけ覗いてみませんか?
 
私たちが丹精込めて岡山の桃を育て、桃の産直をしている様子がわかりますよ!


9月〜10月(剪定・間伐・縮伐・施肥・防除)

桃の収穫が終わりました。
さあ!また、来年に向け桃造りの1年の始まりです。


来年も美味しい桃を造り、桃の産直をして皆様に喜んで頂こうね!
桃の収穫を終え「やれやれ」という間もなく、とても大切な作業が待っています。

剪定・間伐・縮伐
日当たりが悪いと下枝が枯れあがったり、来年の花芽の充実が悪くなり
良い桃がならないので、剪定や間伐・縮伐により日当たりを良くします。

 チエンソー                  
  
切り株  ユンボ  
 樹冠内部を暗くしている長大な徒長枝を剪定
隣の木と重なり合っている太い枝は
縮伐します。
太い枝はチエンソーで切ります。
 間伐された木の切り株は重機で掘り起こします。
又、桃の木は厭地があるので、根は残らないように拾っておかなければいけません。

(施肥)                                         (防除)

肥料   肥料ふり      動噴   予防
 甘くて美味しい岡山の桃をならせるため、土づくり資材や化学肥料等
 4〜5種類の肥料を入れます。
  この防除は、せん孔細菌病と言って葉っぱには小さな穴をあけ、
また、果実には黒い斑点がつき商品価値がなくなる厄介な病気の
予防です。

11月〜12月(改植・落ち葉を入れる)

(改植)                                         (落ち葉を入れる)

 新植  囲い  芝振り 芝振り2 
20p位に切って植えます。7〜8年くらいたつとやっと良い桃が取れるようになります。 鹿や野兎にかじられないように囲いをしています。

  近くのゴルフ場で落ち葉を貰ってきて園全体に敷き詰めます。
なかなか大変な仕事ですが、毎年入れることにより土が肥え

甘〜く美味しい岡山の桃
がなるんだョ!

1月〜4月 (剪定・摘蕾・摘花・受粉)

(剪定)                  (摘蕾)              (摘花)

 剪定          摘蕾  摘花
桃の休眠期であるこの時期に剪定
をします。

    摘蕾は大きな果実をならせるには欠かせない作業です。寒さで指が
痛くなる時もありますが良い実をならせる為頑張っています。
花も間引きます。

(受粉)
おかやま夢白桃は花粉が無い為受粉をします。

     花粉    
咲く寸前の蕾を採取して
花粉を集めます。
 
採葯機にかけ花粉を採取します。 集めた花粉です。
黄色くなれば受粉
出来るようになりす。
霧梵天という液に花粉を入れ 
受粉します。 

5月〜6月(摘果・袋かけ)

摘果     桃の実(ゴルフ)  袋かけ   
傷のあるもの・変形果・特別大きい実・
小さい実等、予備摘果・仕上げ摘果・
修正摘果と3度程行います。
  桃の実がゴルフボール位になると1つ1つ丁寧に袋をかけていきます。
大きな労力を要しますが、果実を病害虫から守り、外観を美しくする為には
欠かせない作業です。
 
 

7月〜8月
(収穫)
いよいよ私たちが大切に育ててきた桃たちの旅立ちの日です。
      桃の産直により皆様のもとへお届けします。

 収穫    キャリィ    
1つ1つ熟れ具合を見て傷がつかない
ように丁寧に収穫していきます。
  収穫した桃はキャリィで車まで運びます。    

皮むき 
  秤   箱詰め  
家に持ち帰り桃の袋を全部取っていきます。
私たちは皮むきと言っています。
  皮むきした桃を秤にかけ玉の大きさにより
7〜8種類に分けていきます。
傷等のある桃はここで除外されます。
もう1度傷がないか確かめながら、玉の大きさ
ごとに用途に応じていろいろな箱に詰めます。 

 
 

桃造りの一年、如何でしたか?
時には寒さで凍えそうになりながら、また、ある時は厳しい暑さに耐えながら、
皆様が
「美味しかったよ!」と喜んでくださる笑顔に支えられ、丹精込めて桃を育て、桃の産直をしています。

* 園の紹介  * 生産者プロフィール * 商品の紹介 * 桃のお値段とご注文 * 桃のお菓子
* 特定商取引に基づく表示・個人情報の保護  * ニュース:つぶやき * TOPへ戻る